薪の販売 薪のお店木rara

Home

木づかいさん家の休日
森カフェ

主催 福井県鯖江市・(特)エコプラザさばえ

木を使っておいしい森カフェのメニュー作りに挑戦しました!


薪割りのお手伝い 

参加された方に薪割りを楽しんでもらおうと
お手伝いさせていただきました。

子供、男性はもちろんのこと、ご年配の女性も
薪割大活躍です。“そ〜れ!”アックスを振り
下ろすとき自然とみんなで声を掛け合いながら
上手に割れたときには拍手で盛り上がります。
大変な力仕事も今日は楽しいですね。

おいしいランチがつくれるようにかまどで使う
薪がだくさん出来ました。

薪についてのレクチャー

山の現状、どうして間伐が必要なのか
そしてカーボンニュートラルのことを
簡単にお話させていただきました。
少しでも勉強になれば幸いです。


その他には、
竹筒ごはんの筒づくり、
食材の準備などをみんなでしました。


調理は全て薪を使います


香りだけで食欲がわいてきます。

昔は毎日こうやって薪を使ってご飯を
作っていたんですね。

手間や時間はかかりますが
それ以上においしくなりそうです。

クラフト作リ

ランチができるまでの間クラフトを楽しみました。
好きな絵を書くとおじいさんがきれいに
切り抜いてくれました。

森カフェ ランチ


フードコーディネーターの先生方が地元の食材
を使っておいしいランチを作ってくれました。

ランチのMENUは
新米のおにぎり、
秋刀魚、しし肉のお味噌汁
ラタトューユ、しし肉炒め


どれもすごくおいしかったです!
特におにぎりは絶品。
ぽっぺが落ちそうなくらい甘くておいしい
お米です。


午後からは
間伐の見学


普段は見ることの出来ない貴重な
間伐の見学です。

木の成長に合わせて枝打ちをします。
地面から途中までははしごを使い、その後は
枝打ちした枝の残りをステップに上へと登ります。

山の違い

上の画像は手入れ(間伐)されており
下はされていません。

間伐されないことにより太陽の日差しが
地表まで行き届きません。その為に陰が多い
真っ暗な山になっています。

根が張り、下草も茂り、健康な木、山を
作るには間伐が必要です。


間伐


チェンソーを使い決められた方向に
伐採していきます。

この間伐された木を間伐材といいます。

残念なことに今日伐採された木は山に放置
されたままになります。
森林組合の方がおっしゃるには市場に
出しても木の値段が安く山から木を出す
コストの方が高くなってしまうという現状が
あるからだそうです。

今日のこの見学した場所は間伐したことにより
木が大きく育ち、数年後には一気にまとめて
山から木を出すそうです。


TEA TIME


間伐の見学、カフェビンゴの後は
ティータイムです。
じゃがもち、焼き芋、コーヒー

コーディネーターの方にみなさん作り方を
聞いていた 人気の『じゃがもち』です。

ポテトを茹でてマッシュポテトのようにつぶして
その中に片栗粉を入れてこねておもちの形を
作りフライパンで焼くようです。

最後は今日の気持ちを短冊に書きました

テーマは森です。
ひとりひとり考えて最後はチーム中で
長い詩にしました。

・みんながつどう森、みんな元気に笑顔の森、
時間がゆっくり流れていていやしてくれる森、
空気の澄んだ森、青空のもと空気のすんだ
自然の森、森を守る人はあなた達・・・。


今日は森の中で1日楽しく遊ばせてもらい
ました。心もお腹もたくさん満たされました。